コロナウイルスと犬について

  • 2020年3月3日
  • 2020年3月9日
  • 29View
  • 0件
コロナウイルスの画像

 前回の記事から間があいてしまいましたが、こんにちは!😃です!皆さんこの数週間はコロナウイルスのおかげで神経を使う日々では無いでしょうか・・・

 私もコロナのせいで毎日の通勤電車の人込みが嫌で嫌でしかたないのですが、会社からテレワークの許可が出ましたので基本的に家で仕事をしていこうと思っています。どうしても出勤しなければいけない職種でなければ人込みを作らないようにしていく事が大事なのかなって思います!

 愛犬のうめこと一緒にいれる時間も増えますしね!🐶ここ大事です😊

 そんな中、犬を愛する、飼っている人にとってこのコロナ騒動で気になるのが犬もコロナウイルスに感染してしまうのか??ってことでは無いでしょうか?

 そこで今回はコロナウイルスと犬について現時点(2020年3月3日)でわかっていることを色々調べてみました🧐

ペット犬に新型肺炎(コロナウイルス)の弱い陽性反応、飼い主は感染 香港

 先日こんなニュースが世界を駆け巡りましたね・・・

(CNN) 香港政府は29日までに、ペット犬の1匹が新型肺炎(コロナウイルス)の検査で弱いながらも陽性反応を示したため隔離の措置を講じたと発表した。

この犬の飼い主が新型肺炎(コロナウイルス)を発症した後、犬は地元政府の農業行政などを担当する部門に引き渡された。犬の口、鼻や直腸から採取した検体の初期検査では弱いながらも新型コロナウイルスの陽性反応を見せた。

ただ、犬には新型肺炎(コロナウイルス)の感染の症状は一切出ていないという。

同行政部門は声明で、現段階においてペットの動物が新型肺炎(コロナウイルス)に感染したり、人への感染源になったりするとの証拠は得ていないと説明。

今後もこの犬の健康状態を注視し、新たな検体も入手して、実際に感染したのかどうかを確認するための作業を実施するとした。犬の口や鼻の部位での環境汚染の結果なのかも調べる方針。

香港政府によると、域内でこれまで確認された新型肺炎(コロナウイルス)の感染者は計93人で、犠牲者は2人となっている。

2020.02.29 Sat posted at 15:02 JST   引用元:https://www.cnn.co.jp/world/35150060.html

 いやーめちゃくちゃ心配ですよね。。。当たり前ですが、犬を飼っている人間にとって犬は家族です。もし大事な愛犬がコロナ感染したらって思うと・・・人や犬等と接触する機会も多い、日々の散歩も心配になってしまいます😥

コロナウイルスは犬に感染するの?

 ここで本題です!犬はコロナウイルスに感染するのでしょうか??素人が安易な事を言うことは出来ないので、色々調べましたが下記のサイトの内容が現時点で一番参考になると感じております。

 是非、心配な飼い主さんは一読してみてください。一部引用させていただきます!

新型コロナウイルスにイヌやネコは感染するのか?

結論から申し上げれば、「現時点でイヌやネコがこの新型コロナウイルスに感染する可能性があるという証拠はなく、新しい感染源となる証拠もない」と世界小動物獣医師協会(WSAVA)が声明を発出しています。このことは世界保健機関(WHO)や米国疾病予管理予防センター(CDC)なども同様に支持しています。したがって、表題に関する答えは「No!」ということになります。

ただ、イヌやネコが今回とは別のコロナウイルスに感染することがあります。例えばイヌは犬コロナウイルスに感染し、軽度の下痢や嘔吐を起こすことがあり、犬パルボウイルスとの混合感染で重篤化します。これはワクチンによる予防が可能です。一方、ネコではコロナウイルス科の猫伝染性腹膜炎ウイルスにより免疫複合体介在性血管炎を、また猫腸コロナウイルスにより軽度な腸炎を起こします。しかし、これらのコロナウイルスは今回のSARS-CoV-2とは全く異なるものであることをまず理解しておいて欲しいと思います。

引用元: https://cvdd.rakuno.ac.jp/archives/3427.html

 是非参照させていただいたサイトを訪れていただき、全文読んでいただきたいのですが、あくまで現時点でイヌやネコがこの新型コロナウイルスに感染する可能性があるという証拠はなく、新しい感染源となる証拠もないとの事です。

 ひとまず安心ではあります・・!😅

コロナウイルスと犬の感染について気を付けること

 こちらも今後更に感染拡大した際等、非常に参考になりましたので引用させていただきます。是非皆さんも読んでみてください。

WSAVAはイヌやネコを飼育している皆さんに以下の対応をお願いしています。

■COVID-19に罹患した方はもちろんのこと、病気の方は感染予防のため動物に接触しないようにする。

■もし動物が病気になったら獣医師に連絡をし、COVID-19罹患患者もしくは濃厚接触者であることを事前に知らせて下さい。そして、動物病院のスタッフと話し合う前に決して動物を連れて行かないで下さい。

■犬コロナウイルス感染症の予防のためのワクチンがありますが、SARS-CoV-2とは全く異なるウイルスであり、ワクチン接種による予防効果はありません。

引用元:https://cvdd.rakuno.ac.jp/archives/3427.html

 今後社会が更にパニックになった際等、しっかり知識は身に着けた上で愛犬と一緒に健康に過ごせるために何か出来るか考えていきたいですよね。

犬とコロナウイルス まとめ

 最後に纏めになりますが、このイラストを是非見てみてください🐶

 我々人同士の感染を防ぐ意味でも手洗い、うがいは非常に重要になります。マスク不足や色々な買い占め騒動などで気が滅入る時もありますが、他の人やペット等のことも考えてしっかり行動していきたいものです。

 早くコロナウイルスが沈静化すること祈っています🥺そしてこの記事読んでくれている皆さまが健康に過ごせるよう願っています。

 今回も最後まで読んでくれてありがとうございました!😊 また次回の記事もよろしくお願いします🐶

の最新記事8件