犬の睡眠時間を調べてみた!

  • 2019年12月8日
  • 2020年2月9日
  • 38View
  • 1件
眠たそうなうめこの写真

 最近ですが、我が家のうめこも8歳になり寝てる時間が増えてきたなあ…と少し寂しく感じる今日この頃です。時が経つのは本当に早いですね💦

 同じように私も歳を重ねてきて最近少しづつ年齢的な老いを感じてしまっております😂しかしながら仕事はそれなりに忙しく、自分の趣味の時間も確保しようとなると、必然的に睡眠時間が少なくなっちゃうんですよね。。。

 ですので、毎日眠くて眠くて仕方ないです!笑😴 そんな毎日を過ごしてると、ふと気になる事が。

 犬の睡眠時間ってどれぐらいなんだろ?🙄人間と比べて一日のどれくらい寝てるんでしょうか??

 気になってしまったので、色々調べてみましたので簡単にご説明したいと思います!以前に犬と人の年齢換算について記事にしましたが、今回は人とはまた異なる犬の睡眠時間についてのお話でございます。

犬の平均睡眠時間は?

 犬って一日の睡眠時間ってどのくらいなんでしょうか?我が家のうめこについても特に計算したことも無く、これまで過ごしてきました🐶よく寝てるなあ・・・というのが日々の感覚ではあります!

 人間の場合、平均の睡眠時間は6時間~8時間といわれてます!まあ、私の場合はだいたい4時間~5時間くらいなんで平均より少ない感じです💦なにか早く寝てしまうと一日が勿体ない感じがしてしまうんですよねー😂

 それでは犬はどうなんでしょうか??犬の睡眠時間ですが、年齢により違いがありますが、およそ12時間~18時間前後と言われています!つまり、一日の半分以上、場合によっては3分の2以上を寝て過ごしているんですね!

犬の年齢による睡眠時間の違い

 年代による睡眠時間の違いですが、下記に纏めてみました。※諸説あります。

 子犬、老犬になると睡眠時間が増える傾向にあるのがわかります。我が家のうめこももうシニアなので最近睡眠時間が増えてきてるんですね💧

子犬18〜19時間
成犬12〜15時間
老犬18〜19時間

犬の睡眠時間が長い理由

 犬の睡眠時間が長い理由ですが、野生のときの名残と言われております。

 野生の時代、当然自力で食料を確保しなければならず、狩りで獲物を捕まえるためにはターゲットから見つかりにくい夜中に活動する必要がどうしてもありました。その分昼間中心に長い睡眠時間を取っており、その慣習が残っているのだそうです。

 しかし人間と一緒に生活をするようになると、睡眠のリズムも人間に合わせる形に変化していきました。ただし、野生の感覚が完全に消えるわけではなく、昼夜関係なく長い睡眠時間をとる生活スタイルになったと言われてます。

まとめ

 今回改めて犬の睡眠時間を調べてみて、私なりに考えた事が二つあります。

 一つ目は「うめこがぐっすり寝れるように、安心して眠れる環境を作ってあげよう!」ということです。貴重な一日の大半を過ごしているのですから、気持ちよく安心して質のいい睡眠時間を取らせてあげたいですよね!

 季節に応じた室内温度管理、気持ちよく寝ることができるベッド、静かな環境、スペースを確保してあげるなど今まで以上に意識してあげようと思います😊

 二つ目は「起きてる時間はとても貴重!できるだけ一緒にいてあげる!」です。犬の場合、一日の殆どが睡眠時間なので、起きている時間は本当に貴重になります。

 勿論仕事をしているとどうしても離れ離れな時間が出来てしまいますが、一緒にいられる時間は散歩等含めしっかり行ってあげないとですね😊

旅行に行く際も一緒にできるだけ行きたいです!犬と一緒に行く旅って本当にいい物だと思います。犬と一緒に旅行に行く話は以前の記事も是非お読みください。

ベッドの中のうめこの写真

 犬も人も睡眠時間が大切な事は一緒です。大切な愛犬と一緒に質のいい睡眠を取ってお互い健康でいたいものです✌

 今回の記事も最後まで読んでくれてありがとうございました!😊 また次回の記事もよろしくお願いします🐶

 

の最新記事8件