P40 Proを購入!Google無しで使えるの?

買ってしまいました!ずっと気になってたスマホ、HUAWEI P40 Pro!以前Pixel 4を購入して以来、スマホで写真撮る楽しみにハマってしまい・・・(Pixel 4のレビューについては、こちらをクリックしてご参照ください)

カメラ最強スマホとの呼び声高いP40 ProはSIMフリーの国内版発売の発表があって以来、ずっと気になっていた存在でした。

超好みの外観含め、P40 Proについては絶対欲しい!という存在でしたが、一つ大きな問題が。

P40 Proですが、Googleのサービスが使えない!

これは大きすぎる購入の壁でした。

アメリカと中国の経済戦争により、HUAWEIについてはGoogleのサービスは使用不可になっておりまして・・・😫

P40 Proはこの影響から、Googleのサービスが使えないんです!!

つまり、Googleマップも、Google 検索も、Googleフォトも、YouTubeもP40 Proでは使えないじゃん!!って事なんですよね。。。

これはGoogleサービスにどっぷり浸かっている自分にはあまりにも大きな壁😅

今回は「P40 Pro気になるけど、Google無しは不安!」って人向けに、P40 Proについて「Googleサービス無しでどこまで使えるか?」をメインにレビューしてみたいと思います!

P40 Pro の美しすぎる外観。

まずは外観についてです。

今回購入したP40 Proですが、色は「フロストシルバー」を選択しました。日本版だとシルバーかブラックの2択なんですが、迷わずシルバーです。

これは実機を是非見てほしいんですが、とても美しい質感になってます。個人的にはメカっぽくて大好きな外観ですね!

P40 Proの化粧箱です。
P40 Proの化粧箱。Leicaロゴがまぶしい。
Huaweiと言えばLeica社との協業による超高画質カメラが売りです。ロゴがまぶしい。
P40 Proの外観その1。
フラグシップモデルに相応しい高級感あふれるデザインと質感です。
P40 Proの外観その2。
LEICAロゴと強すぎるカメラ部分の主張。いいっすねー。
P40 Proの外観その3。
P40 Proの外観その4。
P40 Proの外観その5。
P40 Proの外観その6。
P40 Proの外観その7。
P40 Proの外観その8。液晶画面です。
ディスプレイはほぼ全面液晶です。有機ELですので、発色は綺麗です。

P40 Pro、海外のレビューサイトでは「高級腕時計を持っているような感覚」といったものもありましたが、ずっしりとした重量(約209g)と相まって所有感を満たしてくれるものに仕上がっているかと思います!

このP40 Proのシルバーフロストですが、持ってみるとガラスのひんやりとした感覚と、指紋が付きにくい(全く付かないわけではありません)仕上げでいい感じですねー。

このP40 Proがdocomo等から発売されていて、Googleサービスも使えて、Felicaも対応していたら非常に魅力的だったのですが。。。とにかく残念です😓

P40 Proの指紋認証・顔認証は爆速。

P40 Proを使ってみて、とても気に入ってるのが、指紋認証と顔認証の認識が非常に早い点です。

最近のスマホの顔認証はどの機種も爆速ですが、指紋認証についてはディスプレイ内に置かれるようになって、機種により相当な差が出てきております。

このP40 Proはほぼストレスフリー!指紋をディスプレイに置いただけでロック解除してくれます!

P40 Proの画面。指紋認証もやり易いです。
指紋の位置もいい感じ。使いやすいですよ!

コロナ禍の現在、マスクしている機会多いですから、顔認証だけだと結構なストレスなんですよね~。その点、このP40 Proは完璧に近いんじゃないでしょうか😄(快適すぎて、Google非対応なの忘れます笑)

P40 Proのカメラ性能は?

そして、P40 Proの最大の売りとも言えるカメラの性能についてです。Google無くてもこの機種買う要因はやはりココ!でしょう。

「Leicaウルトラビジョンクアッドカメラ」と名付けられた4眼カメラの性能ですが、このあたりの検証は相当数のサイトが行っているので、特にスマホカメラのベンチマークテストでは一番有名なこちらのサイト(DXOMARK)のP40 Proレビューを参照してみてください。

ちなみに先日まで世界1位の評価だったのですが、「Xiaomi Mi 10 Ultra」に1位の座を奪われてしまいました😥

スマホカメラベンチマークサイトの結果。P40 Proは2位です。
こうみるとiPhoneも日本製スマホも無く、圧倒的に中華圏のスマホが強いですね。

私も今後P40 Proで撮影した写真をアップしていきたいと思います!

P40 ProをGoogle無しで使ってみる!

今回の本題ですが、実際にP40 ProをGoogle無しでどれだけ使えるか検証してみましょう!

まず大前提として、Google無し!というのはアプリをダウンロードする「Google Playストア」がP40 Proには存在しないんです。

アプリ無しでどうやって運用するんだよ?って話になりますが、このP40 ProにはAndroid10ベースのOSが搭載されています。

あくまでAndroidのスマホですので、アプリが使えないわけではなく、あくまでGoogle公式のストアからは落とせない!という事になります。

Huawei公式アプリストア「App Gallery」

そこでHuaweiがP40 Proユーザーのような、Googleサービス使用不可措置が取られた後に発売したスマホの為に用意した、Google Playストアに代わるサービスが「App Gallery」です!

App Galleryの画面です。
  • LINE
  • Tik Tok
  • NAVITIME
  • アイビスペイント
  • U-NEXT

この辺りの有名アプリはありますが、まだまだ決定的に数が足りてないです・・・まだ発展途上の段階ですから仕方ないですが、現状「App Gallery」だけでやりくりするのは厳しいですね。

アプリのリクエスト機能があるので、使いたいアプリがあれば申請しておくしか現状はありません。今のアメリカの強硬姿勢見てると不安でしかないですが😅

Amazon公式「Amazonアプリストア」

P40 Proですが、OSはAndroidなので、実はAmazonのアカウントさえあればKindle Fire向けのアプリやコンテンツが利用できちゃいます!

https://www.amazon.co.jp/androidapp こちらにアクセスすれば普通にインストール可能です。

Amazonアプリストアの画面。
Amazonアプリストアの画面。ゲームも結構あります。
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music HD
  • Amazonプライムビデオ

ゲームは全然やらないんですが、結構ゲームもありあますね。あれ、結構有名なアプリ揃ってきたかな?🤔

「Petal検索」アプリを使って野良アプリを探す。

最後に「Petal検索」というアプリについてです!

このアプリ、P40 Proをシステム更新した際に新しくインストールされたんですが、その際にHuaweiからの同意?みたいのがありましたので、メーカー公認の物だと思われます。

このアプリ、なんと巷に転がってるAPKファイル(いわゆる野良アプリ)を検索してくれます!

Petal検索というアプリからP40 ProにGoogleマップがダウンロード可能。
あれ・・Google Mapがある、、、
Petal検索というアプリからP40 ProにGoogle Chromeがダウンロード可能。
あれ・・・Google Chromeもある、、、

一応、インストールする前にセキリュティチェックしてくれますが・・・普通にGoogleマップもGoogleChromeもインストールできますし、動きます笑

が!!Googleアカウントとの同期が出来ません!!

これは地味にというか相当辛い・・・これがGoogleサービスが使えないって事なんですね。。。

しかしながら、このアプリを使えばP40 Proにかなりのアプリをインストールすることが可能です。PayPayもありました!普通に動きます。

P40 Proにインストールできないアプリもある。

しかしながら、YouTubeやGoogleフォトはP40 Proにはアプリでインストールする事が出来ませんでした。

  • YouTube
  • Googleフォト
  • メルカリ
  • 楽天ショッピング
  • 楽天ペイ
  • PayPayモール
  • PayPayフリマ
  • WordPress
  • Googleアナリティクス

この辺はP40 Proはアウトでした(インストールしても動かない物もあり)起動にGoogle開発者サービスが必要な物は全滅ですね。

中でもYoutube使えないのはきつい、Googleフォトもこれだけのカメラ機能があるスマホなので、クラウド上で管理したい私には痛すぎる・・・メルカリも意外に使うしなあ・・・

しかし、なんとかなります!!なるものです。

YouTube Vancedを使う。

YouTubeの代替アプリですが、「YouTube Vanced」というアプリをインストールすれば普通に使えます。簡単ではありますが、インストール方法を記しておきます。

まずは、YouTube VancedのWebサイトにアクセスします。

YouTube Vancedのダウンロード画面です。

Download Vanced Manager というボタンをクリックして、Vanced Manager の APK ファイルをダウンロードします。ダウンロードした APK ファイルをパッケージインストーラーで開いて、インストールをタップすればOKです。

先ほどのアプリを起動すると、「YouTube Vanced」と「MicroG」というファイルをインストールする画面になります。

YouTube Vancedのインストール画面です。

まずは「MicroG」を先にインストールします。インストールボタンをタップすればOKです。しばらく経つとパッケージインストーラーが立ち上がるので、先ほどと同じような要領でアプリをインストールしてください。

次に「YouTube Vanced本体」をインストールします。こちらは、ファイルのダウンロードが始まる前にどのテーマをダウンロードするか、どの言語で使用するかを質問されます。日本語も勿論あるので安心ですよ!

YouTube Vancedの言語選択画面です。
YouTube Vancedのインストールに成功した画面です。

これだけでP40 Proに無事インストール完了です。普通にYouTubeアカウントでログインも可能なので、使い勝手は変わりません😁

最後の手段。Webサービスで代用する。

最後はウェブ版のショートカットをホーム画面に置いてしまう、という方法です。P40 Proでは、こうしたウェブサービスがアプリライクに高速で動くようなモードが備わっているのでこれを利用します。

勿論P40 Proで運用するにあたり、アプリがベストですが、Web版でも普通に使えるケースも多々あります。

Googleフォト(ただし、自動同期はされないので使い勝手は落ちます)、メルカリ、楽天ショッピング等はこれで充分行けます!

P40 ProをGoogle無しで使ってみる。まとめ。

そんなわけで、今の私のP40 Proのメイン画面がこちらです!

私の現在のP40 Proのメイン画面その1。
私の現在のP40 Proのメイン画面その2。

見た目はGoogle Playストアが無いとは思えない感じになっているかと思います😄

Pixel4 XLと並べてみました♪

Pixel4とP40 Proの比較画像です。見た目の違いはほとんどありません。
左がPixel4 XL、右がP40 Proです。

Googleが作りたかったスマートフォン(Pixel4)とGoogleが載せられなかったスマートフォン(P40 Pro)ですが、こうしてみると見た目ほぼ変わらないですよね!

しかししかし!ここまでで述べたように、P40 Proでは使えないアプリ(特にゲーム、金融系のアプリが非常に厳しい)もあります。Googleと同期出来ないのも中々辛いです。

そして、使ってみてわかったんですが、アプリの「通知」が来ないものが結構あります。

Twitter、Slack等は通知が来ません(これは不便だ・・・)

P40 Proはハード的には非常に素晴らしい機種ですが、これ1台で運用しようとするとGoogleサービスが使えないと少々厳しいな、というのが現時点の結論です。

  1. アプリは必要最低限しか使わない!
  2. スマホでゲームはしない!
  3. おサイフケータイは使わない!
  4. 少しの不便さは楽しむ事が出来る!

この辺り当てはまる人であれば、主要アプリは結構使えますので、1台でも充分運用出来るのかなと思います😀

どうしてもP40 ProでGoogleを使いたい方は。

最後に、この素晴らしいP40 ProでGoogleサービスを堪能したい!という方は先日UPしたこちらの記事を参照ください。あくまで自己責任でお願いしますねー😅

今回の記事も最後まで読んでくれてありがとうございました!😊 また次回の記事もよろしくお願いします🐶